マイケル・ジャクソンが共演を熱望していたプリンスが「We Are The World」ドタキャンした真相を元恋人のシーラEが語る - Togetter

マイケル・ジャクソン → トイレ立てこもり プリンス → ドタキャン 伝説のチャリティーソング「We Are The World」のレコーディング現場で、スーパースターたちが起こした珍騒動と感動秘話とは…。 3(火)夜9:00[BSプレミアム] www6.nhk.or.jp/nhkpr/post/tra… リンク アナザーストーリーズ - NHK 921 アナザーストーリ...

記事へジャンプ

みんなの反応

はてなブックマークでの反応
1mouseion@hatena 2018/07/12 13:01
プリンスがツアーを優先したのはファンのためと分かってるからこそ尚の事チャリティーソングにうってつけと考えたんだろうけど、こういうのを感動ポルノの押し付けって今なら言うんだろうな。
2bornslippy@hatena 2018/07/12 13:09
最後までマイケルの片思いだったな
3ka5me@hatena 2018/07/13 02:24
今思うとあの頃のチャリティは自称人権派の手柄競争アリアリであの場にプリンスが居たら相当違和感があっただろうしこれで良かったんだろうな。
4neofreudian@hatena 2018/07/13 04:06
プリンスよりシーラ・Eの方が好き…プリンス、イイ奴ってことになってるけどコンプレックスも激しかったハズ。歌も踊りも下手だからこそ自己否定や羞恥心を昇華する為に「アート」してた人だと思うな
コメント内容の著作権は、投稿者に帰属します。
削除依頼、不適切コメントのご連絡はこちらにお願いいたします。
2018-07-11 23:12:01:1531318321:1531887335
comments powered by Disqus
※メールアドレスは公開されません。
人気の反応