急加速のEVシフトに潜む5つの課題:日経ビジネスオンライン

9月6日、日産自動車は7年ぶりに全面改良した電気自動車(EV)「リーフ」を発表した。実際の国内販売は10月2日からとのこと。新規開発したリチウムイオン電池(LIB)は、従来の30kWhから40kWhに容量アップしたことで航続距離はJC08燃費モード表示で400kmに達したと言う。急速充電するとLIB容量の80%まで充電が可能。LIBの保証は8年または16万kmとしている。 一方、EVブームをつくっ...

記事へジャンプ

みんなの反応

はてなブックマークでの反応
1bloglider@hatena 2017/09/14 07:53:33
この手の話題はMFiを読めば良くわかるけど、存在感は増せどそんなに一気にEVシフトはしない、でも車両の電動化は進む、消費者としては使用環境にあわせて適材適所で選ぶだけ、と言った感じかな。
2multiplex00@hatena 2017/09/14 13:02:31
ガソリン車並みの充電時間短縮(中国みたいにバッテリごと取り替えちゃうとか)と事故起こした時の漏電個所の可視化は早急に何とかしてほしいところ
コメント内容の著作権は、投稿者に帰属します。
削除依頼、不適切コメントのご連絡はこちらにお願いいたします。
2017-09-14 04:42:02:1505331722:1506399561
comments powered by Disqus
※メールアドレスは公開されません。
人気の反応