IBMがセキュリティソフトを回避して特定の標的だけを攻撃するマルウェア「DeepLocker」を開発 - GIGAZINE

IBMが新たなウイルスやマルウェア被害に対抗するソフトウェアを研究するため、セキュリティ対策ソフトを回避しつつ、特定のターゲットだけを攻撃することを可能にするマルウェア「DeepLocker」を開発しました。 DeepLocker: How AI Can Power a Stealthy New Breed of Malware https://securityintelligence.com/deeploc...

記事へジャンプ

みんなの反応

はてなブックマークでの反応
1hsenyo@hatena 2018/08/10 20:59
次に流行るウィルスはIBM製ってことでいいね?
2mangakoji@hatena 2018/08/10 22:56
何を言ってるのかよくわからんな。
コメント内容の著作権は、投稿者に帰属します。
削除依頼、不適切コメントのご連絡はこちらにお願いいたします。
2018-08-10 14:30:02:1533879002:1534598702
comments powered by Disqus
※メールアドレスは公開されません。
人気の反応