小笠原諸島航空路開設 仏のプロペラ機想定で検討 | NHKニュース

東京の小笠原諸島と本土を結ぶ航空路の開設について東京都と小笠原村の協議会は、フランスの航空機メーカーが開発を進めるプロペラ機の活用を想定して、自然への影響を抑えた短い滑走路の整備を目指すことになりました。 このため、小笠原村は東京都に対し、航空路の開設を長年にわたって要望していて、これについて話し...

記事へジャンプ

みんなの反応

はてなブックマークでの反応
1launcher@hatena 2018/07/12 12:58
小笠原の人たちって自然守る意識高いから、うまくやってくれそう | 自然に配慮した形で実現に向けた検討を進める
2samu_i@hatena 2018/07/12 15:05
オスプレイとかではだめなんかな
3tom201410@hatena 2018/07/12 15:30
水上飛行機とかではダメなんだろうか?難しいんだろうな。
4lmzb@hatena 2018/07/12 15:40
奄美・屋久島でも使われている機体ですね。/ガスタービンエンジンですよ
5nisisinjuku@hatena 2018/07/12 15:59
レシプロ萌え。
6kenchan3@hatena 2018/07/12 16:07
AW609やろ
7kazyee@hatena 2018/07/12 17:54
オスプレイみたいな垂直離発着可能な機体はコストパフォーマンス悪いのか、運用が難しいのか。
8nekosichi@hatena 2018/07/12 18:27
いいけど、よく落ちるのがATR。台湾で落ちたのもこれだったよね?
9kz78@hatena 2018/07/12 18:53
乗客50名クラスを想定してるとなると、オスプレイとかAW609では席が足らんので固定翼機になるわなぁ。
10maturi@hatena 2018/07/12 19:00
フラグ
11rgfx@hatena 2018/07/12 19:59
"より短い800mでの短距離離着陸(STOL)を実現するATR 42-600S型機" via: ATR、CEO クリスチャン・シェーラー氏が来日会見 - トラベル Watch https://travel.watch.impress.co.jp/docs/news/1085362.html
コメント内容の著作権は、投稿者に帰属します。
削除依頼、不適切コメントのご連絡はこちらにお願いいたします。
2018-07-12 07:27:02:1531348022:1531886819
comments powered by Disqus
※メールアドレスは公開されません。
人気の反応