日本の国是「専守防衛」は冷徹な軍略でもある | 冷泉彰彦 | コラム&ブログ | ニューズウィーク日本版 オフィシャルサイト

<国際世論を味方に付けなければならない現代、先制攻撃が得策とは限らない。第二次大戦の「旧枢軸国」である日本が専守防衛を国是とするのは一つの軍略でもある> 北朝鮮危機の緊張が高まりつつある今月12日、トランプ大統領はFOXビジネスニュースのマリア・バートロモのインタビューに応えて「我々はアルマダ(the Armada, 無敵艦隊)を送っている。大変にパワフルな艦隊だ。」と述べていました。 この発言の...

記事へジャンプ

みんなの反応

はてなブックマークでの反応
1mekon@hatena 2017/04/21 12:56:44
"軍略"ならいいが、旧枢軸国のイメージを受け入れろという宿命論は「冷徹な軍略」ではない。覚悟もなしに被害を受ければ「国際世論の支持をゲット」とか能天気なこといってんじゃねー。
2hirofmix@hatena 2017/04/23 09:00:50
私は面白く読んだ。旧枢軸国のイメージ、アジア人というイメージ、彼ら西欧には多分抜きがたくある。それを前提とした上で軍略を作るべきだろう。少なくとも日本が現在北朝鮮に先制攻撃する政治的正当性はない。
コメント内容の著作権は、投稿者に帰属します。
削除依頼、不適切コメントのご連絡はこちらにお願いいたします。
2017-04-21 01:20:01:1492705201:1502891532
comments powered by Disqus
※メールアドレスは公開されません。
人気の反応