『ど根性ガエルの娘』を読んで、「家族の問題」を作品にすることの難しさを思う。 - いつか電池がきれるまで

2017 - 05 - 19 『ど根性ガエルの娘』を読んで、「家族の問題」を作品にすることの難しさを思う。 aoshimabooks.com 『 ど根性ガエル の娘』、僕も読んでいたのですが、正直なところ、読むのに疲れてきました。 学生時代は、ハリウッドの量産型アクション映画をみて、「なんでこんなどれもこれも一緒にみえるエンターテインメント映画ばっかりつくられ、観られているのだろう? もっと人生の...

記事へジャンプ

みんなの反応

はてなブックマークでの反応
1p_shirokuma@hatena 2017/05/19 14:18:40
「問題がない家族は怪しい」
2Ta-nishi@hatena 2017/05/19 15:48:19
あれは「大部分の人」に向けて書かれた作品ではなく、ああいう作品に救われる人にだけ届くべき作品なので、あれでいいんだと思う。
3houyhnhm@hatena 2017/05/19 20:03:48
うーん、ほのぼの四コマと方向性が違うだけで、麻枝准みたいなやり方だし、十分これもエンターテイメントなマンガだと思いますよ。作者が実話を元にする覚悟があるだけで。
4elve@hatena 2017/05/19 20:40:43
“「書かないほうが良い作品」”って誰が判断するのだろうか
5saiusaruzzz@hatena 2017/05/19 21:00:15
専門的なことはぜんぜんわからないんですけれど、むしろ回復するために描いているんじゃないかなと感じる。
6Galaxy42@hatena 2017/05/19 21:20:10
表現なんてどこまでいっても身勝手の極み。絵柄がファンシーで漫画文法が洒脱なので、うっかり全年齢対象と思ってしまうが、たぶん、こどもは読んじゃだめなやつだろう。
7santambo@hatena 2017/05/19 21:59:30
m(._.)m
8piripenko@hatena 2017/05/19 22:43:54
連載開始時の欺瞞含みのトーンのほうがダメージが大きかったんでは。自分は作者にとっての真実が読めればよくて、それで救われているクチ。
9minuit76@hatena 2017/05/19 23:52:51
描くことで回復するというのは都合の良い幻想だと思っている。セラピーはセラピーとして別に受けていてほしい。描きたいから描くという動機は間違っていないけれど実話モノは昇華されないリスクがある。
10krurun@hatena 2017/05/20 00:40:02
どちらかというと告発よりも自分の気持ちに折り合いつけるため書いているじゃないかな
11yizhak@hatena 2017/05/20 01:06:20
わたしよくわからないんだけど、これ、旧も新も編集の方は内容をハンドリングできてるんでしょうか? 作者の煩悶が赤裸々になりすぎてて心配。
12watatane@hatena 2017/05/20 10:57:59
年を取るとカロリーが高いものが消化しきれなくなる問題。
13naoto_moroboshi@hatena 2017/05/21 10:17:53
作品を読んでしんどいって感想がでるのって感情移入できる人じゃないと無理だよな。絵柄がかわいらしいのもあってそこまでの感想もてなかった。映画だと人間が演じてるせいかしんどいって感じることもあるんだけどな
14sukekyo@hatena 2017/05/21 21:05:11
18話の感想は、視野狭窄でねちっこいところは親娘だなあと。「ひとつのケース」として読むくらいに昇華してはいるし、最後まで見届けたいとは思っている私。
15KoshianX@hatena 2017/05/22 09:34:47
私小説を全否定してる感のある記事だな。漫画で私小説してもいいと思うし、あれは多くの「毒親」とその子供たちに読んでもらいたい作品だと思うけどね。
16morita_non@hatena 2017/05/22 13:48:16
直接家族の話ではないけど、失踪日記についてあずまひでおが、悲惨なこともたくさんあったけどそんなの書いてもマンガにならないとかどっかで書いてたような。
17rAdio@hatena 2017/05/22 13:54:12
「語り得ぬ問題」というのは、ある。ただ、今後Google Glass的なデバイスで生活を全録して共有かけるとか、脳スキャンや高機能AIによる人格推定などで感情や人格などの思考までも共有できるようになれば違ってくる。
18NOV1975@hatena 2017/05/22 15:58:34
この件でいうと、表現がダイレクトすぎて読者としては消費しかできないってのが難点かな。
19mujisoshina@hatena 2017/05/22 20:28:37
少し前にあった、田中圭一の『ペンと箸ー漫画家の好物ー』の吉沢やすみの息子の方の話はふつうに「いい話」で消化されていただけに、この漫画のインパクトが強かった。
20muryan_tap3@hatena 2017/05/22 21:55:16
エログロが作品の表現として認められているのに、なぜ家族間の葛藤を描くと途端に拒否反応を示し作品作者を責める人が多くなるのだろうか?暴力や暴言で女子供を貶めるエロが作品として認められてなぜこれに批判が?
21guldeen@hatena 2017/05/22 22:06:26
家族という存在は、血縁『というだけ』でウマが合わなくても経済的理由などを優先させ一つ屋根の下に暮らす集団だし、そりゃモメ事も多いのは古来からの話だからなぁ。和解を前提にはしないほうがマシかも。
22masudamaster@hatena 2017/05/23 10:46:01
なんで自分の父の外見と自分の夫の外見を似た感じに描いてるのかなーってところが気になる
23Taro416@hatena 2017/05/24 16:28:26
"「問題がない家族は怪しい」"
24ezmi4@hatena 2017/08/19 18:22:54
親に、通じないと分かっていても話すんだ、描くんだという気持ちなんだと思う。僕はねちっこいとは思わない。むしろたくましくない?
コメント内容の著作権は、投稿者に帰属します。
削除依頼、不適切コメントのご連絡はこちらにお願いいたします。
2017-05-19 12:22:01:1495164121:1505784851
comments powered by Disqus
※メールアドレスは公開されません。
人気の反応