インフルエンザ薬のゾフルーザですが国内で使用され始めて一年ほどしか経っていないのに耐性菌が発生したと報道でみました。耐性菌とはそんな短期間で発生してしまうものですか?

ゾフルーザは、キャップ依存性エンドヌクレアーゼ阻害剤という作用機序です。 まずインフルエンザウイルスが、どのように感染、増殖するのかを、簡単に説明いたします。 ①インフルエンザウイルスは、マイナス一本鎖のRNAウイルスです。このウイルスのヘマグルチニン蛋白が、人間の上皮細胞のシアル酸に結合すると、「ウ...

みんなの反応

はてなブックマークでの反応
※メールアドレスは公開されません。
"ねとなび"は今ネットで話題になっている最新記事と最新ニュースを全部まとめてチェックすることができるサイトです。 スマートフォンからも同じURLで閲覧できます。
人気の反応
ニュース
comments powered by Disqus