熱血!与良政談:「森友」が終わらない理由=与良正男 - 毎日新聞

「大きなニュースにならないようなタイミングを狙ったのでは」と疑われても仕方がない。平昌冬季五輪の開会式に合わせるかのように、財務省が9日、森友学園問題に関する新たな内部文書20件を公表した。 昨年の国会で、当時、財務省理財局長だった佐川宣寿・現国税庁長官は学園との交渉経過を問われるたびに「記録はない」「破棄した」と繰り返してきた。虚偽答弁ではないかとの声が出るのは当然だ。 ところが麻生太郎副総理兼...

記事へジャンプ

みんなの反応

はてなブックマークでの反応
1ERnanchan@hatena 2018/02/14 20:58
早く国民に忘れてもらおうと「逃げるが勝ち」の姿勢を続けるから  > この指摘はごもっとも。
2tokatongtong@hatena 2018/02/14 21:50
ウォーターゲート事件も発覚からニクソン辞任まで2年2ヶ月かかった。じっくり行こう。
3rokux@hatena 2018/02/15 07:10
“この問題をいつまでも引きずっているのが、いいことだとは私も思わない。だが早く国民に忘れてもらおうと「逃げるが勝ち」の姿勢を続けるから疑問が消えず、いつまでたっても終わらない。”
4nao_cw2@hatena 2018/02/15 08:53
これ官邸にとっても佐川氏が切り札なんですよ。だから安売りしない。自己保身の化物は自分達のためならなんでもやる。独裁者は恐ろしい。
5mechpencil@hatena 2018/02/15 10:18
国税庁長官であるに過ぎない佐川宣寿という人物をここまで必死にかばっている様子は滑稽ですらある
コメント内容の著作権は、投稿者に帰属します。
削除依頼、不適切コメントのご連絡はこちらにお願いいたします。
2018-02-14 17:21:01:1518596461:1526906591
comments powered by Disqus
※メールアドレスは公開されません。
人気の反応