発掘!イグ・ノーベル賞(16)電通大−VRエラ呼吸で赤潮体験 | 科学技術・大学 ニュース | 日刊工業新聞 電子版

プランクトンの異常発生で起きる赤潮。海面が赤く染まり、プランクトンがエラに詰まって魚が死んでしまう。養殖業には大ダメージだ。工場や生活排水が原因のため、環境問題として子どもたちに教える際のテーマになりやすいが、科学的な説明はいまひとつ伝わりにくい。そこで魚の気持ちになれば分かりやすいと、エラ呼吸VR(仮想現実)システムが登場した。 両手に付けたセンサーで腕の動きを認識するとヘッド・マウント・ディス...

記事へジャンプ

みんなの反応

はてなブックマークでの反応
1enkunkun@hatena 2017/04/21 16:54:21
ひらめいた
2u-li@hatena 2017/04/22 01:23:48
“エラの開閉は頬に貼った粘着式冷却シートを貼ったり、剥がしたりして表現。のどを引っ張り、水がのどを通る感覚を表現した。”
3comma3@hatena 2017/04/22 11:44:09
"赤潮に遭遇して苦しんでいる(電通大提供)"
コメント内容の著作権は、投稿者に帰属します。
削除依頼、不適切コメントのご連絡はこちらにお願いいたします。
2017-04-21 16:44:01:1492760641:1508735373
comments powered by Disqus
※メールアドレスは公開されません。
人気の反応