オーストラリアの『サーモン』が全然サーモンじゃなかった - デイリーポータルZ

オーストラリアでサーモンが釣れた。しかし、そのサーモンはどう見てもサーモンではなかった。それでも、そのサーモンは、彼の地ではまぎれもなくサーモンなのである。 今日は「英語圏における魚の呼び名がややこしい!」という話をしたい。 ※表題は「オーストラリアの~」としていますが、取材地は主にクイーンズランド州です。それ以外の地域ではその他の魚の呼称も含め事情が異なるものと思われます。ご注意ください。

記事へジャンプ

みんなの反応

はてなブックマークでの反応
1physician@hatena 2018/04/17 12:44
サンドイッチもサンドイッチじゃないw
2srgy@hatena 2018/04/17 12:55
北海道の「焼き鳥」は豚肉だった、みたいな
3nomitori@hatena 2018/04/17 13:07
フヒヒ サ-モン
4kenzy_n@hatena 2018/04/17 13:32
サーモンあらず
5kowyoshi@hatena 2018/04/17 13:50
まあ日本も見た目がタイっぽいという理由で◯◯ダイと名づけられている魚多いしなあ…
6machida77@hatena 2018/04/17 14:50
似たような話が美味しんぼにも出ていたな
7wow64@hatena 2018/04/17 15:16
金目鯛も鯛じゃねえしな。魚の名前はどこでもいいかげんなんだな。
8maturi@hatena 2018/04/17 15:23
サピア-ウォーフーーードリトル先生御一行もアフリカでサーモン採ってたはず
9j_imu@hatena 2018/04/17 16:09
広島内陸部のワニ料理みたいな(実際にはサメ)
10h-hirai@hatena 2018/04/17 16:35
鳥の名前なんかも調べてみると、和名、英名ぜんぜん一致してないし、どちらも生物学的な分類とあまり一致してなかったりする。
11solidstatesociety@hatena 2018/04/17 23:21
トルティーヤじゃね
12agrisearch@hatena 2018/04/25 10:38
「胸ビレの一部が細く裂けたように分離するのがツバメコノシロ類で一番わかりやすい特徴」
13quick_past@hatena 2018/04/25 13:06
マナガツオって名前なのにカツオじゃなかったりするしなあ
14kirakking@hatena 2018/04/30 17:32
すばらしい仮説検証 > “ここである一つの仮説を立てたい。ひょっとすると味がサーモンっぽくて、そこからこの名がついたのではないか? さあ、食べて検証してみよう。”
15taron@hatena 2018/05/06 21:04
サーモンにあらず、コノシロにあらず…
コメント内容の著作権は、投稿者に帰属します。
削除依頼、不適切コメントのご連絡はこちらにお願いいたします。
2018-04-17 04:07:01:1523905621:1531749812
comments powered by Disqus
※メールアドレスは公開されません。
人気の反応