中国、非情のネット遮断 日本企業を覆う監視網  :日本経済新聞

「インターネットの発展は各国の主権や安全への新たな挑戦だ」。中国国家主席、習近平(シー・ジンピン)は海外との自由なつながりを保っていたVPN(仮想私設網)の遮断を進める。それにより現地の日本や欧米企業では謎の通信トラブルが頻発している。孤立か監視か、あるいは撤退か。現地企業は究極の選択を迫られている。 ■9月以降、通信トラブル頻発 25テーマ連載 電子版「ビジネス」がオープンしました。国内外のあら...

記事へジャンプ

みんなの反応

はてなブックマークでの反応
1u-chan@hatena 2017/12/07 12:34:52
「世界経済の政治的トリレンマ」的な話なので、3つの事象を並立できない以上、あとは為政者がどういう政策とるか。コレがイヤなら中国市場から撤退すればいいだけ。
2Ereni@hatena 2017/12/07 14:51:22
「専用線ならその気になれば、通信の傍受や情報の抜き取りは可能」「中国の場合はそこが非常にグレーで、最後の後仕舞いは中国の通信会社に任せることになっており、日本側が関与できない部分がある」
3tagkaz@hatena 2017/12/07 15:17:02
VPNは違法なものも含め、まだ現在数百はあるとされるが「来年前半までにほぼ消滅させる方向ともいわれる」。
4sds-page@hatena 2017/12/07 16:48:09
チャイナリスク。中国人向けの商売やる場合以外で中国に進出する意味ないんじゃない
5giyo381@hatena 2017/12/07 17:07:57
撤退しかないなコレ
6mskn@hatena 2017/12/07 18:37:23
驚き。
7hongshaorou@hatena 2017/12/07 19:07:56
な、中国で働くのってマジ大変なんだよ(中国駐在員)
8gui1@hatena 2017/12/09 16:13:37
うわあ(´・ω・`)
9mixvox-j@hatena 2017/12/11 13:11:03
"VPNは違法なものも含め、まだ現在数百はあるとされるが「来年前半までにほぼ消滅させる方向ともいわれる」。"
10paravola@hatena 2017/12/15 15:34:21
(アメリカみたい)「エドワード・スノーデンは米国が通信を傍受していたことを明らかにしたが、中国でもあると考えるのが普通」/「これでは仕事にならない」 まるで追い込み漁
コメント内容の著作権は、投稿者に帰属します。
削除依頼、不適切コメントのご連絡はこちらにお願いいたします。
2017-12-07 04:42:01:1512589321:1513496755
comments powered by Disqus
※メールアドレスは公開されません。
人気の反応