米海軍:原爆投下前に電文「長崎、小倉、広島入らぬよう」 - 毎日新聞

1945年8月4日付の極秘電文。原爆投下作戦に従事した「第509混成群団」を示しながら、「九州または本州西部に出撃しないよう」命じている(米国立公文書館所蔵、工藤洋三氏提供) 1945年8月9日の長崎への原爆投下を前に、米海軍への長崎出撃などを禁じた同軍の極秘電文3通が米国立公文書館で見つかった。...

記事へジャンプ

みんなの反応

はてなブックマークでの反応
1sbedit1234@hatena 2018/08/10 08:59
民間都市への核攻撃…有色人種相手には悪鬼の所業を平気でやる鬼畜米英許すまじ。
2dekaino@hatena 2018/08/10 09:14
長崎にはあらかじめ「先日広島に投下したのと同類の新型爆弾落とすから逃げてね」って空襲予告ビラがまかれたくらいなので、友軍に連絡いってるのは当然だろうね。
3enemyoffreedom@hatena 2018/08/10 10:05
まぁ大規模空襲や原爆投下の前にはそれを匂わせる伝単とかも撒いてたし、日本軍もある程度それをあてに避難していたりも
4REV@hatena 2018/08/10 10:46
「大空襲の前は、事前に通告しとる。避難させるのはそっちの仕事やろ」って米軍と、「空襲があっても、焼夷弾をバケツで消せ。勝手に疎開したら配給ないで」の日本軍と。
5naya2chan@hatena 2018/08/10 11:43
こういった公文書の管理具合にも彼我の差を思う。
6sampaguita@hatena 2018/08/10 13:49
"第3艦隊の攻撃目標も長崎から東北地方に変更され、その後の東北空襲につながったことも"
コメント内容の著作権は、投稿者に帰属します。
削除依頼、不適切コメントのご連絡はこちらにお願いいたします。
2018-08-10 00:18:02:1533827882:1534598793
comments powered by Disqus
※メールアドレスは公開されません。
人気の反応