2010年ごろの「なろう系」の勃興について、あるいは2008年から2009年ごろの「小説家になろう」の流行について - Togetterまとめ

「なろう」運営が資金繰りのために二次創作を追放したことにより、二次創作の書き手たちが一次創作に参入するようになり、二次で流行っていた当時のラノベ的なファンタジー小説が隆盛に……そこから「なろう」のファンタジー一強時代が始まった…という感じと記憶。

記事へジャンプ

みんなの反応

はてなブックマークでの反応
1manga_thousand@hatena 2017/04/22 07:10:47
なろうのルーツはゼロ魔SSだと勝手に思ってた。ここで言及されてる排除された微エロ恋愛物・二次創作物とも一致するし。
2bml@hatena 2017/04/22 11:06:48
二次創作や微エロを認めて規模拡大。著者や読者が抜けれなくなった段階でマネタイズ=出版社に売れる方向にできる方向に修正。
3kei_1010@hatena 2017/04/22 14:08:50
最近なろうを結構読んでるので興味深い
4n314@hatena 2017/04/22 14:25:41
なるほど。時々ランキングみてたけど、Internet Archiveを使う方法もあるか。
5ningenmiman@hatena 2017/04/23 10:10:15
鏡の国のアリス1871年+指輪物語1955年=異世界テンプレ+作者の趣味、が多いと思う。宇宙姫テンプレの竹取物語1700年、魔王テンプレのスレイヤーズ1990年、SFテンプレの攻殻機動隊1995年作者の趣味の深さが一番重要?
コメント内容の著作権は、投稿者に帰属します。
削除依頼、不適切コメントのご連絡はこちらにお願いいたします。
2017-04-21 17:13:01:1492762381:1495569169
comments powered by Disqus
※メールアドレスは公開されません。
人気の反応