ASCII.jp:Ryzenの重要な要素となったライブラリーとインターコネクト (1/2)|ロードマップでわかる!当世プロセッサー事情

前回 に引き続き、今回もRyzenの内部構造について解説しよう。 省電力化に大きく貢献した 複数のライブラリー 下の画像はなにかというと、コア内部で使われているスタンダードセルライブラリー5種類の特性比較と、利用率である。 スタンダードセルライブラリー5種類の特性比較と、利用率。このグラフはflop4が基準になっている。おそらくこれがGlobalFoundriesの提供する、「一番バランスの取れた...

記事へジャンプ

みんなの反応

はてなブックマークでの反応
1pipehead@hatena 2017/03/20 11:00:00
> AMDはこうしたOut of boxの接続には業界標準規格を使うつもりで、そうした標準規格がおよばない内部の接続のみに、このInfinity Fabricを利用するとしている。
コメント内容の著作権は、投稿者に帰属します。
削除依頼、不適切コメントのご連絡はこちらにお願いいたします。
2017-03-20 22:12:01:1490015521:1490848009
comments powered by Disqus
※メールアドレスは公開されません。
人気の反応