ボストン・マラソン:川内優輝が優勝 日本勢31年ぶり - 毎日新聞

第122回ボストン・マラソンは16日、米ボストンで行われ、男子で川内優輝(埼玉県庁)が速報記録で2時間15分58秒をマークして初優勝した。日本勢で1987年大会覇者の瀬古利彦以来31年ぶりの快挙となった。 レースは大雨と強風の悪条件の中で争われ、川内は40キロすぎでトップを走っていた昨年優勝のジョフリー・キルイ(ケニア)をかわした。 ボストンは国際陸連が求める条件を満たしていない片道コースのため、...

記事へジャンプ

みんなの反応

はてなブックマークでの反応
1toronei@hatena 2018/04/17 01:45:54
すげえ川内、やったなあ。
2kazyee@hatena 2018/04/17 08:07:45
コース規定にスタート地点とゴール地点の直線距離があることを初めて知った。https://www.weblio.jp/wkpja/content/%E3%83%9E%E3%83%A9%E3%82%BD%E3%83%B3_%E5%85%AC%E8%AA%8D%E3%82%B3%E3%83%BC%E3%82%B9%E3%81%AE%E4%B8%BB%E3%81%AA%E6%9D%A1%E4%BB%B6
コメント内容の著作権は、投稿者に帰属します。
削除依頼、不適切コメントのご連絡はこちらにお願いいたします。
2018-04-16 23:20:01:1523888401:1524130258
comments powered by Disqus
※メールアドレスは公開されません。
人気の反応